じぶん銀行カードローン

専業主婦も借りられる総量規制対象外とは?

以前は貸金業もグレーゾーン金利などがなかったため、今よりも高い利息が当たり前でした。
貸す側もかなり無茶設定をしていたのも事実ですが、借りる側もそれをわかっていて借りていた部分もあります。
中には明らかに返済能力を超えているのに、借金を返すためにさらに借り入れをするという悪循環に陥る人も多く、借金が返済しきれず自殺や自己破産をする人が続出した事もあります。

 

これを防ぐための手段として、貸金業法が改正になり総量規制という新しい法律ができました。
総量規制というのは、年収の3分の1を超える借入ができないというものです。
例えば年収が300万円の人なら、カードローンなどの借入は100万円までという事になり、それ以上の借り入れはできなくなりました。
100万円を超えるというのは1社ではなく借入総額ですが、すでに他で借り入れがあるのに新たに借り入れをしようとしても、すでに100万円近い借入があった場合は、新たな借入申込は審査に通らないこともあります。

 

しかし総量規制の対象になるのは、貸金業法に基づき営業をしている消費者金融系のカードローンです。
銀行系のカードローンは総量規制の対象外なので、年収の3分の1を超える借り入れも、返済能力があると認められれば可能です。
総量規制の対象になる場合、専業主婦は利用できないことも多いのですが、銀行系のカードローンは総量規制対象外なので、専業主婦の申し込みも可能となっています。
ただしこの場合は配偶者の同意が必要です。

 

 

じぶん銀行カードローンで借入を検討中の方。詳しくはこちらをclick