じぶん銀行カードローンと銀行系カードローンの違い

銀行カードローンと銀行系カードローンの違いを知ろう!

銀行カードローンと銀行系カードローンの違いについてですが、基本的に銀行がベースになっているので、これは同じと考えていいでしょう。
ただし使うカードは変わってきます。
銀行カードローンの場合は、銀行口座を開設するときに作るキャッシュカードにクレジットカード機能が付いていれば、ショッピングやキャッシングと幅広く利用できます。

 

その代わりキャッシングの利用限度額は少し低めに設定されています。
借り入れも可能ですし、返済は自分の口座から引き落としも可能です。
カードローンの場合は最初から借り入れ専用のカードを作るので、特にオプションを付けない限り借り入れ専用のカードとして使います。
利用限度額も高めですし、銀行系のカードローンは低金利なところも魅力です。
銀行系のカードローンは、総量規制の対象外なので年収の3分の1を超える借入れも場合によっては可能となりますので、総量規制で消費者金融から借り入れができない人も、
最後の砦として銀行系のカードローンに申し込むこともできます。

 

ただしほかでの借入状況や過去の借り入れ実績によっては、信用に欠けるようなことをしていると審査で落とされる可能性はあります。
少し多めに借入したいと思っているなら、銀行系のカードローンが便利です。
カードローンの場合はその銀行に口座がなくても、申し込みも利用もできます。
借り入れや返済には提携ATMを利用できますし、提携ATMなら手数料もかかりません。

 

 

じぶん銀行カードローンで借入を検討中の方。詳しくはこちらをclick