じぶん銀行カードローンと借入利率は変動金利の意味

「借入利率は変動金利」とはどういう意味ですか?

カードローンには借りた金額に応じて利息がかかります。
ただし利息にも種類があって、借り入れ額や利用限度額によって変動金利になる場合もあります。
もしも借り入れ利率が変動金利となっていた場合は、利用限度額によって利息が違うと覚えておくといいでしょう。
カードローンの利息は年利3.9%〜17.5%というように、最低金利と最高金利の幅があります。

 

この場合は変動金利となり、利用限度額によって利息が変わります。
年利3.9%〜17.5%というのは、じぶん銀行のカードローンを例にしていますが、利用限度額が高い人ほど利息は低くなり、利用限度額が低い人ほど利息は高くなります。
じぶん銀行のカードローンは、最高で利用限度額は500万円です。
500万円の利用枠をもらうにも条件はありますが、この場合の利息は最低金利の3.9%です。
利用限度額が30万円〜50万円の場合は、利息も高くなるので17.5%となります。
この違いを具体的に表すと、10万円の借り入れを30日間利用した場合、金利が3.9%の人は320円の利息ですが、17.5%の人は1,438円になります。

 

このように変動金利というのは、利用限度額に応じて変わることになります。
年収によっては500万円利用できない人もいますが、実績を積んで行けば利用限度額を増やす事も可能なので、増えた場合は金利も少し安くなります。
ただし利用限度額が低ければ、借りすぎて返せなくなるといったトラブルもないので、収入に見合った利用限度額を設定される事になります。

 

 

じぶん銀行カードローンで借入を検討中の方。詳しくはこちらをclick