じぶん銀行カードローンなどのネット銀行と普通の銀行の違い

ネット銀行と普通の銀行の違い

銀行系のカードローンは低金利で、利用限度額も高い事から人気があります。
また銀行という安心感も多くの人に選ばれる理由となっています。
銀行にも種類はありますが、最近増えてきたネット銀行は普通の銀行とどのような違いがあるのでしょうか?

 

まずネット銀行同士なら、リアルタイムの送金が可能です。
操作も全てインターネットを利用して行うので、パソコンやスマートフォンなどネットにつながる環境があれば24時間・365日利用できます。
どちらかがネット銀行でも、もう片方が普通の銀行の場合はリアルタイム送金はできないので、銀行の営業日と営業時間内のみの取引となります。
急ぐような場合はネット銀行に口座を持っていたほうが便利です。
一部の普通の銀行でも手続きをすれば、インターネットから操作が可能ですが、ネット銀行の場合は店舗を持たないので、取引も全てインターネットで行います。

 

ただしコンビニなど提携ATMからの利用もできます。
ネット銀行なら口座を開設しておけば、いつでもインターネット上で送金や残高照会もできます。
カードローンで即日融資可能という場合は、銀行口座に借入額を振り込んでもらいますが、この場合も相手がネット銀行なら数時間で口座に反映されますので、急ぐ時も便利です。
どちらかが普通の銀行の場合、営業時間外や土日・祝日の場合は翌営業日の扱いになるので注意しましょう。
じぶん銀行のカードローンなら、口座を持っていなくても利用できますが持っているとより便利です。

 

 

じぶん銀行カードローンで借入を検討中の方。詳しくはこちらをclick