じぶん銀行カードローンは住宅ローンに影響があるか

キャッシングをすると住宅ローンに影響がありますか?

キャッシングやカードローンを利用している途中で、住宅ローンを組むことになったら?どうすればいいのでしょうか。
どちらもローンですが住宅ローンともなると額も大きくなるので、借金があるだけでもイメージが悪くなると予想できますね。
確かにカードローンなどで借り入れがあり月々の返済額も多い人は住宅ローンのように金額も大きく返済期間も長くなるローンを組めるか?というと疑問も残ります。

 

しかしカードローンのりようがあっても、住宅ローンとは別物として考えるのですでに自転車操業のように借金で首が回らないという状況ではない限り、カードローンの利用があっても住宅ローンを組むことは可能だと言われています。
ただしカードローンの借り入れが多い場合は、借入残高を減らしてから再度住宅ローンの申し込みをするようになどのアドバイスを受けることもできます。
借金は少ないに越したことはないので、今後住宅ローンを考えている人はカードローンの利用は控えたほうがいいかもしれませんね。
もちろん収入が多く、カードローンも住宅ローンもきちんと返せるだけの余裕があれば、カードローンの利用が住宅ローンに影響する事はありません。

 

以前にカードローンの利用があって債務整理をした事がある人はその記録が10年かそれ以上残るので新たな借り入れはもちろんですが住宅ローンやクレジットカードの申し込みができない事もあります。
この場合は数年間、新たなローンの申し込みができないので諦めるしかありません。

 

 

じぶん銀行カードローンで借入を検討中の方。詳しくはこちらをclick